丸の内で働く産廃マンのブログ|産廃WEB|船井総研

丸の内で働く産廃マンこと、株式会社船井総合研究所 廃棄物ビジネスコンサルティンググループ グループマネージャーの貴船です。日常のコンサルティングを通して、そこはかとなく記していきます!

2019年10月6日 10:19 午後

随分と空いてしまいましたが、いまお伝えしたいことが増えてきたこともあり、再開します

未分類

ご無沙汰しております。随分と期間が空いてしまいました。業界内での時流も大きく変わりました。だからこそ、最新の情報を改めてお伝えしなければと再開を致します。

ご承知の通り、現在は皆様相当に多忙です。仕事も断るレベルまでになっております。そして、廃棄物業界の人手不足も変わりません。働き方改革の波は廃棄物業界にしっかりと受けており、変わり始めている企業も増えていることも確かです。人手不足の時代にやるべきことは、絶対的に先ずは止血でもあります。採用の強化ではなく、離脱の防止が先ずしなければなりません。ついつい人が採れないから、更に費用を掛けていこうとしますが、止血をしなければ社内は疲弊が増していき更なる離脱、そして苦労して入社した採用者の離脱も増えていくことでしょう。

止血とは何か?それのひとつが、自社で働く目的を作ることからと思っております。

人は将来が見えなくなると退社に傾くものとなっております。必要とされていないと思うこと、また後輩が入ってこないまま退職者によって忙しくなる現状、そして社長の悲観的な言葉等々…。

何の為にこれだけ働いているのか?と戦力になる社員程、それに直面してしまいます。だからこそ、未来をつくっていきたいですね。未来の光を認識できる数が、それを実行できる確率にも比例していくと思っております。

先ずは止血の第一歩、自社の未来を明確にしていくことではないでしょうか?勿論、福利厚生なども重要ですが、それよりも優先すべきことでもあります。

それが全てのスタートだと思っております。我ながら「ホラか?」と思っても構いません。でも、それを掲げなければ、皆は理解できないままです。PDCAで言えば、「P」の途中かもしれません。それも構いません。先ずは、これからの未来をしっかりと社員全員に理解をさせていきましょう。

テクニカルではなく、先ずは心と心ありきなのでしょう。

久々なので、最近食べた美味いうどん系で

真の釜揚げの旨さを知ったのは宮崎でした。こりゃ、美味いわ


博多に行けば、ついついラーメンと思っていたところ、うどんの美味さにビックリ
ふにゃうどんも、これまた乙なのです。ゴボテンもですが、かしわ飯も堪りません


ごぼう天も店が変われば、また違う顔を見せます
これが沁みたツユも最高


でも、やはり讃岐にいってしまうものです
麺のエッジ、熱々のとり天、たまらないでしょう


またまた博多うどんに戻ります。丸天も、これまたなかなか
ネギ好きには入れ放題系も最高です


讃岐系が好きなので、ついつい「かけ」に走るのはともかく
てんぷら系マストながら、定食系は心揺さぶります
こちらのお¥ように、TKGもあれば頼まない理由ありません
勿論うどんも美味しいです


やはり、鶏天、竹輪天、半熟卵天も外せません
そして、このエッジ!たまらないでしょう


稲庭は、自分の中で別物としていたのですが、食べてみるとやはり美味いです
熱々のツユにつけて啜ると、つけ麺など食べていられません


駄目なのは、セットに惹かれてしまうことでしょう。。。
カレーセット
確かに食べたくなります
でも、このちくわ天と半熟卵天で幸せです


またまたセット
ついつい頼んでしまうのです。。。
邪道かもしれませんが、熱々の天ぷらに、ヒヤのうどんが沁みていきます


やはり単体勝負
でも別皿にしても、鶏天が効いてきます